二重になれる魔法|悩んでいる時間がもったいない

明るい未来のために

瞳

勇気を持つこと

目は顔の印象を大きく左右するパーツです。大きくてぱっちりとした二重まぶたは、多くの人々の憧れでしょう。二重まぶただと、かわいく見えるし、化粧もしやすくなります。しかし、一重まぶたであったり、目が小さいといったコンプレックスを抱えている人はたくさんいるでしょう。日本人は特に、一重まぶたや奥二重まぶたの人が多いです。さらに、蒙古ひだが目頭にあります。蒙古ひだとは、日本人特有のもので西洋人にはありません。蒙古ひだがあることによって、目頭が覆いかぶさり、目が小さく見えてしまいます。現在は化粧の力で二重まぶたにすることもできますが、手間と時間がかかってしまいます。すっぴんでも二重まぶたになりたいと考えている人もいるでしょう。その場合、思い切って二重まぶたに整形する方法もあります。整形するのは勇気がいることです。しかし、整形をすることによって、自分に自信を持つことができるのは良いことです。さらに整形することによって、おしゃれをすることが楽しくなったり、性格が明るくなったりと多くのメリットがあります。化粧で二重まぶたにしていると思っていた人が実は整形をしていた、という場合もあります。整形をするにあたって大切なことは、自分を変えたいという勇気を持つことから始まります。

種類と内容

二重まぶたに整形するにあたって、事前に調べることはたくさんあります。まず気になるのが、整形の種類です。二重まぶたの整形といっても、種類があるのです。有名なのが、二重埋没法です。やはり整形するのが怖いといった人におすすめです。その理由は、埋没法はメスを入れないからです。メスを入れずに、二重のラインにあわせて糸を結ぶ方法なので、メスを入れないため腫れることも少なく、痛みもあまり伴いません。埋没法は、もともとの二重の幅を広げる手術のため、ナチュラルな印象にすることができます。費用も平均約8万円ほどで、比較的安いです。安すぎて不安だという場合は、事前にクリニックの確認をすることも重要です。そして、もうひとつの方法は、切開法です。切開法とはその名の通りで、まぶたの皮膚を切って縫い付ける方法となっており、まぶたが重く腫れぼったい一重の人に向いている方法です。切開法は、くっきりとした二重を作ることができます。さらに、一度施術すると一重まぶたに戻ることはありません。費用は埋没法よりも高くなってしまいますが、平均約25万円ほどです。手術後は、目元が大変デリケートになっているため、できるだけ安静にすることが求められます。