二重になれる魔法|悩んでいる時間がもったいない

目の印象を変える手術

注射器

方法と種類

まぶたが一重だと、目が細かったり眠そうなどの印象を与えてしまうことがあります。また、一重はまつ毛が下に向きなりやすいため、逆さまつげで目を傷つけてしまうケースも考えられます。目にコンプレックスを持つ人も多く、二重整形をしてみたいという人も居ると思います。近年では低価格でできる二重整形が多くなってきており、手軽に行なうことができるようになっているのが現状です。しかし、手軽にできるといってもその種類はいくつかあるため、予算や自分の重視したいものによってその方法は異なってきます。埋没法は、極細の医療用糸を使ってまぶたの裏を数カ所縫い合わせて二重を作る方法です。気軽にできることから人気となっている施術方法になります。部分切開法はまぶたに1〜2センチ程度を切開し、厚みがある部分や糸が切れてしまう部分を処理して縫い合わせて作る方法です。全切開法は文字通り希望する二重の線に合わせてメスで切開し、余分な組織や脂肪を切り取り、厚みや腫れの原因となる脂肪を取り除いて縫合して作る方法になります。この三つが主に行なわれる手術で、それぞれに異なった利点があります。整形で二重を作りたいという場合には、施術それぞれの利点を理解して自分のあった方法で行なうことが大切です。

メリットとデメリット

施術によってそれぞれ利点はことなります。例えば、埋没法はまぶたを切らずに施術を行なうため、痛みや腫れが少ないというメリットのほか、施術当日から顔を洗ったりシャワーを浴びたりすることが可能で、施術時間が短く、料金も比較的安いことがあげられます。忙しい方や、あまり大幅に目元を弄りたくないという方におすすめの方法と言えるでしょう。また部分切開法は、埋没法よりもラインが消滅するのを防ぐことのできる方法です。まぶたが厚い人やすっきりしたまぶたを作りたい場合におすすめです。余分な脂肪をとってから行なわれるためくっきりしたラインを作ることができるというメリットがあります。そして、まぶたが厚く腫れぼったいという人におすすめなのが全切開法になります。幅の広いラインを作りたいときにも良い方法で、糸がとれてしまうことがないため半永久的にラインを維持することができます。このように、二重の施術だけでもこれだけ施術には差があります。もしどの方法が自分に合っているかわからない場合には、医師と相談して最良の治療法を見つけ出すとよいでしょう。