二重になれる魔法|悩んでいる時間がもったいない

短時間で二重になれる

眼を閉じる女性

お手軽にできる施術

女性の多くは、パッチリとした大きな目に憧れを抱くものです。美容外科では、そんな女性の望みをかなえる目の二重整形施術があります。それは、埋没法と呼ばれるプチ整形です。これは、医療用の糸でまぶたの皮膚と筋肉とを結んで、二重にする整形です。使用される糸は、細くてしなやかなので術後に切れる可能性は少ないです。また、糸はまぶたの内側から留めるだけなので、外部から傷も見えることがないです。生体との反応も安定しているのでアレルギーもなく、どなたでも安全に施術ができます。この埋没法の一番のメリットは、体にそれほど負担がないことです。従来、目の二重施術というと、まぶたを切って縫って二重にする切開方法がありました。切開方法は、皮膚を切るために腫れや内出血などのダウンタイムが長く必要です。しかし、埋没法は、髪の毛よりも細い特殊な糸でまぶたの裏側から二重を作る施術です。したがって、出血や腫れもそれほどなく、術後にすぐに日常生活に復帰できます。なので、仕事をしている方に最適です。さらに、埋没法は留めた糸をとれば元にもどせるので、お試し感覚で気軽に受けられます。この施術に興味のある方は、まずは相談してみると良いです。

カウンセリングでの注意点

埋没法は、目の二重を作るための効果的な施術といえます。施術に当たり注意点としては、しっかりとカウンセリングを行うことが大事です。カウンセリングでは、手術の方法、経過、術後の注意事項についてしっかりと聞く必要があります。そして、一番肝心なのは、自分が希望とする二重の幅を医師に細かく伝えることです。二重の幅によって、顔の印象はがらりと変わってしまいます。医師にきちんと伝えないと、こんなはずじゃなかったと思うことになります。なので、鏡の前で自分で二重のラインを作って、希望のラインを決めておくと良いです。そして、医師にどのようなラインが良いのかはっきり伝えることが大事です。それと、基本的にまぶたの脂肪の厚みにもよりますが、その人に合った幅があります。なので、希望を伝えるとともに、自分に合う幅も医師に訊いてみると良いです。自分の希望と医師の意見をすり合わせることで、自分に合う二重のラインというのが分ります。その他にも、カウンセリングでは整形でのオプションも確認すべきです。近年では、オプションとして腫れにくい麻酔、術後の保証も年数が決められています。なので、安心して施術を受けるには、しっかりと事前に確認したほうがいいです。